人

Home ≫ 働き方改革・組織開発(OD)支援

働き方改革・組織開発(OD)支援

「経営の健康」を目指す組織には、「予防」が効果的です!

OD藤野さんイラスト
 会社(組織)に元気がない!? 閉塞感、やらされ感、あきらめ感・・・そんなムードがあなたの周囲に漂っていませんか?

 昨今の「働き方改革」や、2015年12月からスタートしたストレスチェックの義務化の背景には、日本のデフレ経済下における長時間残業などの労働環境悪化などがあるようですが、そもそも皆がいきいきと働ける職場であるかどうかが、組織で働く人々のストレス耐性に大いに影響しているのではないかと思われます。つまり、「身体の健康」に「予防」が効果的であるように、「組織の健康」も「予防」の観点から見直すことが効果的なのです。

 また、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらすことで、中長期的な業績や企業価値の向上を実現することができれば、健康的な経営を実現することができるでしょう。

 社会が複雑化した現代では、人と人との関係性や組織運営は上意下達だけではなかなか上手くいくものではありません。企業や組織が健康で持続的な成長に向けて、お互いに協力し合い、組織の意義を見出し、ともに未来に対する共通の目的・結果を創造していくことが求められています。

 組織開発(OD)のアプローチには診断型や対話型のアプローチが様々ありますが、組織を活性化し、メンバーがいきいきと働くためには、対話の中からメンバーのうまくいった事を発見し、組織やメンバーの強みに焦点を当てながらそれを強化し、新しい可能性を広げていくAI(Appreciative Inquiry)などのポジティブアプローチによる手法が今、注目されています。

 従来の問題解決型手法による責任者追求や、やらされ感からではなく、メンバーが主体的かつ有機的に動くことで、その局面に応じて関係性や即興性が生まれ、新たな知恵が創造され、組織は健康でいきいきと蘇ります。AIは、ポジティブアプローチによる理想を実現するためのデザイン思考で、新たなイノベーションを組織にもたらし、働く人々のレジリエンスも高まります。

 今のままでこの先3年後、5年後、10年後の健康的な経営の未来が描けるでしょうか?組織の体質や風土を変えたいと思っても、どこから手をつけて良いかわからない事も多くあります。是非一度弊社にご相談ください(相談は無料です)。御社の課題やご事情に沿って組織開発(OD)のご提案をさせて頂きます。

*株式会社グローバルダイナミクスでは、健康経営アドバイザーが、貴社の「健康経営®」(特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標です)のお取組みを全力でサポート致します!お気軽にご相談ください。

組織開発(OD)導入効果

こんな課題を解決します!

・企業理念やミッション・ビジョンを浸透させたい
・指示待ちではなく自立型組織に転換したい
・顧客満足(CS)・従業員満足(ES)度を向上させたい
・社内コミュニケーションを良くして風通しの良い組織にしたい
・イノベーションを起こすアイデア溢れる組織にしたい
・ダイバーシティの効果を上げたい




対話型組織開発(AI=Appreciative Inquiry)を導入した企業の声(受講者アンケートより)

・研修を受講してポジティブな考え方が向上した
・部署内のコミュニケーションが増え、雰囲気が良くなり、互いに助け合ったり、ねぎらいの言葉をかけたりするようになった
・上司が決めれば良いという考えから、自分で何か出来ることはないかを考えながら組織開発に参加できるようになった
・日常業務以外の新たな発見があり、仕事への取組が楽しくなった
・業務改善に対して、各自が責任を持ち、自分ごととして考えるようになった
・定時に帰れるように、業務を振り分けたり、効率化を考えたり、時間管理が上手くなった
・他部署との連携強化ができた
・課題が明確になり、プロジェクトを進める強い意志が生まれた